« スケート・3月25日エキシビション | トップページ | 母の日 »

2007年5月 5日 (土)

スケート・2007世界ジュニア選手権(テレビ観戦)

2月26日~3月4日、ドイツのオベルスドルフで開催され、j-sportsでは3月末に放送された世界ジュニアフィギュアスケート選手権。今年は女子シングルとペアを録画しました。

・女子シングル→ 噂のジュニア、ミライ・ナガスとキャロライン・ジャンが見たい。

・ぺア → 今後、ペア王国ロシアが復活できるかが気になる。

女子シングルは噂の2人をチェックしました。

ミライ・ナガス(アメリカ)
 久々にはまりそうな選手登場の予感。。SPはスイング・キッズのサントラ、ベニーグッドマンの「Shout and Feel it」が彼女の伸びやかなスケーティングにぴったりです。明るくてハツラツとしてて、こちらまで元気になります。スパイラルもスピンも上手ですねえ。。
 フリーはドボルザークの「アメリカ弦楽四重奏曲」。ジャンプでちょっとしたミスがありましたが、彼女の演技から開拓時代のアメリカの、のどかな風景が浮かんでくるようでした。解説の杉田先生は「日本国籍で滑ってほしい」と何度もおっしゃってました。その気持ちわかります。

キャロライン・ジャン(アメリカ)
 SPもフリーもスローな曲で飽きさせませんでしたね。。彼女の魅力は飛びぬけた柔軟性ですね。サーシャ・コーエンばりのスパイラル。見たことのないポジションでのレイバックスピン。杉田先生はルッツ、フリップを飛ぶ前に体を振り上げる癖があまり良くないとおっしゃってました。まだ小さいから、仕方ないのかな?

 こんな凄いジュニアが2人もいるなら、アメリカは世界選手権でシングルのメダル0でも堂々としてられますね。甲乙つけがたい2人、審判だったらどうやって2人に点差をつけるか悩みそうです。その日の調子次第でクルクル順位が入れ替わりそうですねーー。。。私はミライ・ナガスの方が好みです。

ペアはメダリストとカナダの2組が特に印象に残りました。
 ジュニアということで、男性が軽々と女性を扱いますね。女性の方が年齢が若いので、スイスの組など大人と子供って感じでした(女性は男性の半分くらいしかないような)

マクーシュ&エヴァンス(カナダ) 総合8位
カナダのジュニアチャンピオンですが、今回はカナダの2番手の組にSPもフリーも負けちゃいましたね。女性はカナダのランクロワや90年代活躍したアメリカのジェニー・メノーのようなエレガントな雰囲気がありますので、解散しないで続けてほしいです。。

セルゲイワ&グレボフ(エストニア) 総合7位
男性はエレナ・グレボワのお兄さん、そっくりです。セルゲイワともども可愛らしい。とくにSPは衣装も女性の髪形も可愛かった。。フリーは転倒がいくつかありましたし、元気が無かったようですけど、少しずつ順位を上げてシニアでもエストニア代表で活躍してほしいです。

ベレノシ&フェルナンデス(カナダ) 総合6位
国内2位らしいですが、今回はこちらの組が調子良かったですね。シニアもそうですが、カナダはペアのレベルに差が無くて、代表になるのが大変そう。

クラシリニコワ&ベスマテルニフ(ロシア) 総合3位
ジュニアのエリートって感じです。ロシアのジュニアチャンピオン。女性をリフトして一回転させてからのスロージャンプ、リバースリフトからのリフトなど、難しいことをたくさんやってます。女性は38℃の熱があったそうですけど、日ごろの訓練の賜物でしょうか?よくここまで動けますね(私は38℃の熱で出勤したときはまっすぐ歩くことすらできなかった)。。女性の体がまだジュニアですので、今後どういう風に成長するかが鍵ですね。

バザロワ&ラリオノフ(ロシア) 総合2位
今回、一番気に入りました!!女性がエレガントで線が美しい。SPはLove Story。辛口杉田先生も「動きが良い。プログラムが良い。」とお褒めに。フリーはアメリで、ベルビン&アゴストよりもこの2人のアメリの方が好きです。。「ラリオノフは逞しくて良い、女性のソロジャンプが問題」と杉田先生。。私はラリオノフのキューピーちゃんのような前髪が問題かと。。バザロワが年頃になって、「もっとかっこいい男の子と組みたい」とか思わないか心配です。。
 ロシアのユリア・オベルタスも真面目そうなソコロフと組んでる頃は清楚で可憐だったのに、ちょっと男前のスラフノフと組んでコギャルっぽくなっちゃって悲しい。。男は堅実が一番と思います。
 話は変わりましたが、バザロワ&ラリオノフで順調にシニアに上がることを希望。

マクラフリン&ブルーベイカー(アメリカ) 総合1位
ぶっちぎりの優勝でしたね。男性が足首が柔らかくて、顔と同じくらい粘りのある(濃い?)スケーティング。女性は演技中とても美しいです(普段も可愛いが)。体重管理に気をつけて順調に成長すれば、すぐにシニアのアメリカ代表になれそうですね。

ペア王国ロシアの復活はバザロワ&ラリオノフがなんとかしてくれるかな?久々にロシアらしい選手の登場です。もちろん2位のクラシリニコワ組も楽しみです。。これらの組の何組がシニアで活躍してくれるのか(ペアは解散、組み換えがありますもんね)。

|

« スケート・3月25日エキシビション | トップページ | 母の日 »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/6315853

この記事へのトラックバック一覧です: スケート・2007世界ジュニア選手権(テレビ観戦):

« スケート・3月25日エキシビション | トップページ | 母の日 »