« 今日からウィンブルドン | トップページ | 細かい夫③ ルーツを探る »

2007年6月26日 (火)

オルフェウスの窓 大人買い

結局、「オルフェウスの窓」文庫版全9巻をネットで購入しました。

「ヒロイン、ユリウスの悲劇的な最後」故にストーリーが輝き、今も読者の心を捕らえつづけるのでしょうか。

現実には宿命の恋人なんていやしない。。。若い頃の恋愛はそれなりの感情があるけど、再会すると興醒めしたりする。そんな現実も忘れさせてくれるのも魅力?

ユリウスの子供が生きていることを前提に読んだ感想を(まずユリウスに関して)・・

ハマッた人にしか解らない続き。。

賛否両論ある「ユリウス」私は大好きです。。

意地悪な見方をすれば、「常に誰かに助けを求めすぐ泣く」とも言えますが、第一部では
①女であることを隠している
②殺人犯とばれやしないか?
③誰かに命を狙われている
 という3つの恐怖と背中合せなので、情緒不安定にもなるでしょうね。第三部では記憶を失い、自分がどこのだれかわからない不安と戦ってるし。

●ユリウスの魅力
・その美貌、気性の激しさと弱さが背中合せ、素直で正義感が強いわりに危なっかしくて放っておけないところ?
・クラウスは「無邪気であどけなさを残しているくせにゾクっとする妖気がある」(文庫1巻)
・イザークは「わがままさだとか、もろさだとか・・・」(文庫3巻)
・傷つくことを恐れず打算もなく好きな人へ向かって一直線なところが最大の魅力?
・全部ひっくるめてとにかく「可愛い!」と私は思います。それであの美貌!モテて当然。
 (実は癒し系だと思う。イザークもクラウスもユリウスに出会ってからどんどんいい男になった)

●カップル検証
  この物語はたくさんのカップルが登場します(特に第ニ部、第三部)。婚約or結婚したカップルを何組か
①モーリッツ&ベッティーナ
 (傷心のモーリッツをベッティーナが慰める形で結婚。後にモーリッツ浮気)
②イザーク&ロベルタ
 (イザークが自分の為に無実の罪を被ろうとしたロベルタへの責任もあり結婚、後にすれ違い夫婦に)
③ドミートリィ&アルラウネ
 (相思相愛、互いに気持ちを確認して婚約した矢先に、ドミートリイが銃殺刑に(T_T))
④ズボフスキー&ガリーナ
 (大人のカップル。ガリーナは当初アレクセイが好きだった?ユリウスを庇ってガリーナは憲兵により殺害される)
⑤アレクセイ&ユリウス

この5組で当初から相思相愛は③、④、⑤。そのうち結婚したのが④、⑤の2組。現実は①、②のような夫婦が多そうです。

●ユリウスはロシアへ行って幸せだったか?
 (あくまでも私的見解)
・ロシアでは男のフリをする必要がなかったし、記憶喪失になってしまったけど、純粋にアレクセイの胸へと飛び込めたのでは?
・アレクセイは文庫版7巻で、シューラに「祖国への熱情の他に人を愛する余地が心の中にあるのなら、俺の愛は命の最後の瞬間まで残らず彼女(ユリウス)のものだ」と語り、事実、最後まで彼の心はユリウスのものでしたね(>_<)(T_T)
・大好きなアレクセイと互いに強い愛情で結びつき、最後まで気持ちがすれ違うことなく夫婦生活を送っていた。(こんな夫婦はそういません)

 →ロシアに行って、幸せだったと思います。。

●ロストフスキーの存在
 彼がスパイになってなければ。。。
 と昔は思いましたが、ユリウスは彼に二度も命を助けられてますね。彼がいなければ、ペテルスブルクの街中で栄養失調と肺炎で命を落したか、8巻最後、民衆によるミハイロフ家への襲撃の際に殺されていただろうし(ユリウスは撲殺どころでは済まなかったでしょう。)。。なので、ロストフスキーがいて良かったと今回思いました。

●ユリウスが女として育っていたら?
 どんな女性だったかな?サロンを飛び回る派手で遊び好きお嬢様ではないでしょうね。どちらかというと社交嫌い??でも、勉強好きってわけでもなく・・。好きな人ができたら一直線にその人との生活にパワーを注ぎ込むのかな^_^;。そこが可愛い。

●モテモテユリウス
 第一部ではちょいワルで人気者のクラウス(アレクセイ)、神童イザーク、頼れる兄貴ダーヴィトの3人3様のイイ男が彼女に恋をします。3人は強い友情関係にあり(女ならこうはいかない)、しかも、何かとユリウスを守るために奮闘(ユリウスがうらやましいね)。

 第3部はさらにうらやましい!。共に侯爵家に生まれた革命の闘士アレクセイと皇帝の側近で切れ者のレオニード。ただでさえ宿敵関係な2人は若手ナンバー1の存在です。サッカーに例えるならエースストライカー?でキャプテン?(ドイツのバラックとウクライナのシェフチェンコみたいな?)。敵対するエースがユリウスを巡って恋敵にもなるのですから女冥利につきますねえ(本人は無意識なのがまた良し)。。
 ユリウスを想うあまりに自ら罠に挑んだアレクセイ、ヴェーラとロストフスキーにユリウスの世話を頼んだが故に陰謀がバレたレオニード。生え抜きの戦士2人が愛する女性の為に命を落すのも切ない故にユリウスへの愛の深さを感じます。。

と、ユリウスについていろいろ考えてみました。。

|

« 今日からウィンブルドン | トップページ | 細かい夫③ ルーツを探る »

漫画・オルフェウスの窓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/6921654

この記事へのトラックバック一覧です: オルフェウスの窓 大人買い:

« 今日からウィンブルドン | トップページ | 細かい夫③ ルーツを探る »