« 細かい夫 枯葉の季節に思い出す | トップページ | スケート・NHK杯 ペア »

2007年11月28日 (水)

オルフェウスの窓 で嫁姑問題を乗り切る

日々の生活において教訓にしているオル窓台詞の一つ。

「人間には無駄だとわかっていても敢えて挑まねばならない運命がある。
 それがどんなに理屈の通らない馬鹿げたことであっても
 むなしい所業であっても
 そうすることでしか自分の人生に納得いかないとすれば
 突き進むしか道は無いのだ」

(文庫版7巻 ユリウスをドイツに返そうと諭すレオニードの台詞)

壮大な物語に反して、自分の身の上に置き換え、
「はー、旦那の実家帰省なんて気が重いよ。でも、レオニードも「むなしい所業でも突き進むしかない」と言ってるしなあ・・」
と励みにしています。

 気の進まないこともこの台詞を糧にすれば、チャレンジできそう。。
また「無駄だと思ってやったことには、意義があり、その経験は決して無駄にはならず、己の礎となるであろう」と暗にレオニードが言っているような気がする。。。

 学生時代だったら、「なんでテスト勉強しなくちゃいけないんだよー。点数悪くても平気なんだよー」と思った時にレオニードの台詞を思い出し勉学に励んでいれば、違う人生が待っていたかもね。。無駄だと思っていても、学力としてちゃんと礎になっていただろうに。。

 年に一度の旦那実家の墓跡掃除(現在は別の場所に墓があり、山中にあるその場所は倒木、落葉が散乱してるだけ)も「試練」の一つなのだと思おうか。。墓跡を掃除するからと言って、旦那と姑を見る分にはご先祖からのご利益は全く無さそうなんすけど。。そもそも、こんな嫁が来てる時点でご利益無し。。しかし、突き進むしか道はない。。。

といった具合に帰省を切り抜けています。ありがとうレオニード(^^)

●姑をヴァシリーサおばあさまに見立てる
 
 これも、けっこう効きます。ユリウスにとっては大姑になるおばあさま。。

 私の旦那は若くして不慮の事故で亡くなった兄と10歳以上も年が離れていたため、姑の遅い子供。私と旦那もジェネレーションギャップがあるくらいの年齢差。。そして老けている姑。。私と姑で買い物に行くと「お孫さんですか?」とよく聞かれる。姑の犬の散歩から戻ると、集金の人から「今、おばあちゃんのところにお金(集金)もらいにきたからねー」と、小遣いせびりに来た孫扱いされることも。。いっそ、孫なら良いのだが。。と思い、「はい」と言ってみたりする(^^)。。

 私の地元の方言では「・・・・したかえ?」を良く使う。。ますます「おばあさま」に見立てやすい。。来年、子どもが産まれることとなり、あの姑がどれだけ口を挟んでくるかと気を揉んだ頃もあったけど、ひ孫の誕生を待ちわびた「おばあさま」のことを考えると、ちょっとは姑に優しく?できるかもしれない。。。。その暁には、是非とも「オル窓」に感謝してもらいたいですな。。

●渡る世間はオル窓ばかり?

 もちろん、「オル窓」には「渡る世間」のような意地悪姑は出てきません。。ヴァシリーサおばあさまはアレクママには厳しかったですがね。。。。。
 
唯一、渡る世間っぽいのは、アデールさん(嫁)とヴェーラ(小姑)ですね。。
 偏頭痛で体調不良のアデールさんに、
「ヴェーラと一緒にクリミアにでも静養に行っておいで」と言うレオニード
 これだから戦争しか能のない人は・・・・

「お友達か、ヴェーラとでも・・」と付け加えておけば。。
あきれたでくのぼうにならずに済んだのに(嘘です)。。

 自分は妻と一緒にいてやれないから、女同士で楽しんでおいでという意味で軽く言ったのでしょう。。優しいじゃないか(・o・)。。そして、自分(レオニード)に取って一番近い存在の女性、妹ヴェーラの名前を出してみた。。ヴェーラは申し分のない女性ですが、「お友達」になるのと「義理姉妹」になるのでは意味合いが違うし、あの2人は性格的に合わなそう・・。嫁の性格をもう少し把握していたら(案の定、アデールさんがヴェーラのことを悪く言い、レオ様がヴェーラをかばい、悪循環の展開になっていたし。)。。この無骨な優しさが彼の良いところなのですが(^^)。。

 この場面を読むたびに、旦那の親類の悪口を決して旦那の前では言うまい。。。と心に誓うのでした。

|

« 細かい夫 枯葉の季節に思い出す | トップページ | スケート・NHK杯 ペア »

漫画・オルフェウスの窓」カテゴリの記事

コメント

なるほどね!モノは考えよう気の持ちようだもんね。そうそう、何でも経験しておいて損はないはず!いい小説に巡り合えて、何でも前向きに考えられるのっていいことだと思うわ。台所掃除を思えば、墓掃除なんて寒ささえ乗り切ればまだマシよ~f^_^;。孫ができても、年齢も年齢だし、今のとこも大丈夫だし、安心したよ~。

投稿: みゆちん | 2007年11月30日 (金) 16時14分

>多感な少女時代に読んだ作品の影響は我ながらすごいかもね。大人になると捉えかたも変わるしねー。
 もちろん、今年は墓跡掃除はキャンセルさせてもらうよ。そして、帰省するならほとんど実家にいるようにしたいなー。旦那実家じゃくつろげないもんね(*_*)。

投稿: JEN | 2007年11月30日 (金) 17時14分

相変わらず、JENちゃんのブログは参考(励み)になるわー。
大変な帰省も頑張れる気がしてきた。
妊婦だし、JENちゃんは帰省無理しないでね。
うちは2人抱えて(しかも、佐織はチャイルドシート嫌い)両方行く予定だよ(泣)

投稿: くぅ | 2007年11月30日 (金) 22時25分

>嫁にとっては、旦那の実家帰省はむなしい所業だもんね。
さおちゃんは、チャイルドシート嫌い?ということは抱っこ??チャイルドシートとベビーカー嫌いは親泣かせだよねーー。。。そういう子に限って、明らかにサイズオーバーになってからベビーカー好きになったりするんだよね。

投稿: JEN | 2007年12月 1日 (土) 22時19分

そうそう、抱っこなのよー。
最初はいいんだけど、そのうち抱っこでも暴れだすから、車内で乳飲ませて大人しくさせるの。
8時間ももつかなぁ・・・

投稿: くぅ | 2007年12月 1日 (土) 23時22分

>8時間抱っこかあ。。しかし、飛行機でもなんだかんだと時間かかるもんねえ。。

投稿: JEN | 2007年12月 3日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/9134987

この記事へのトラックバック一覧です: オルフェウスの窓 で嫁姑問題を乗り切る:

« 細かい夫 枯葉の季節に思い出す | トップページ | スケート・NHK杯 ペア »