« スケート・NHK杯 ペア | トップページ | スケートにおけるセクシーとは »

2007年12月 4日 (火)

スケート・NHK杯 アイスダンス

ペア同様、豪華なメンバーだったアイスダンス!
 デロベル&シェーンフェルダー(フランス)、ホフロワ&ノビツキ(ロシア)、ヴァーチュ&モイヤ(カナダ)と、グランプリファイナルに進出するカップルが3組も!!しかもどのカップルが優勝するか分らないほど実力が接近しつつあった。。

 アイスダンスカップルで一番好きなカー姉弟(イギリス)も来日!!会場にはスコットランドの旗も掲げられてましたねー。スコットランド国旗、ネットでは大きいサイズは4万近くもする(2色なのに)上に、製造中止だったりするんですよね。でも、今回はスコットランドの民謡をODで踊ることもあり、スコットランド国旗が会場にあるのを見たときは嬉しかったな(^^)。。

実況は佐藤洋之アナ、解説は樋口豊先生で、まったりと落ち着いて観戦できました。

1位 デロベル&シェーンフェルダー(フランス
CD1位 38.96 OD2位 61.67 FD2位 96.91 合計 197.54
 オリビエさん、11月30日が30歳の誕生日だったそうで、「祝 三十路突入」という粋なバナーが掲げられてました。本人たちにも意味を教えてあげたい。
OD フランス民謡「Replique」
 リンクに登場した時から演技が始まってます(男性が女性にキスをしようとして、女性が怒る?)!。今年からODでは小道具の使用が認められてますので、手にスカーフをして器用に動きますねー。全体的に可愛らしいフランスの田園風景を彷彿させる、美味しいパンが食べたくなるような?演技でした(^^)。。
FD ピアノレッスン
 冒頭のポーズから、ドラマのスタートです。衣装もオシャレ(男性の汚れた感じが特に!仏チームは汚し衣装得意ですね)!!。しっとりした演技に見とれてるうちにあっという間に終わってしまった。もう一回映画が観たくなりました(^^)。スピンが1つレベル2でしたので、今後変えてくるでしょうか?
 FDのTESのベースバリューは上位5チームでは最も低い42.70(加点6.7)でしたので、まだまだ得点を稼げそうですね。PCSはもちろんトップです。
 CDでのリードを守り逃げ切り優勝!!GS2勝目おめでとうございます。

2位 ヴァーチュ&モイヤ(カナダ)
CD2位 34.67 OD1位 62.04 FD1位 100.18 合計 196.89
OD 黒い瞳(ロシア民謡)

 柔らかいタッチですんごいスピード!!確かに上手い!が、トリノ五輪シーズン、ベルビン&アゴストのフラメンコを審判の方が「これは観光客向けのフラメンコ」と指摘したのを思い出します。。万博の会場で催し物のロシアンフォークを見ているような気持ちになりました。今シーズン、ロシア選手がロシアンフォークをたくさん踊っているので比べるとどうしてもね。
FD シェルブールの雨傘
 彼らのツイズルはスケート靴のブレードじゃなくて、良く滑る靴下を履いて回ってるように安定感があり、滑らかですね。昨シーズンも反則モノの良プロでしたが、今年も素晴らしいです。彼らの柔らかな動きと滑りから甘く切ない歌声が発せられてるよう。。モイヤ君はすごく粘っこい滑りですよね。
 FDのTES、ベースバリューは44.00(加点が8.8)、最後のリフトがレベル3でそれ以外全てレベル4。PCSも47.21の高得点
 もしかしてバンクーバー五輪で真中に立ってるのは彼ら??まだ20歳と18歳なのにすごい。

3位 ホフロワ&ノビツキ(ロシア)
CD3位 34.23 OD3位 57.84 FD3位 94.89 合計 186.96  
OD 2つのギター(ロシア民謡)

 これぞ、ロシアンジプシー!!情熱的!。地元の酒場でふと踊りが始まり、村一番の踊り手の2人が日々の生活を忘れ、激しく踊り狂う感じ??ロシアの寒い冬、時折見せる短い夏の太陽も背景に浮かんでくるようでした。リフトのタイムオーバーが惜しい!!
FD 禿げ山の一夜→山の魔王の宮殿にて
 ノビツキーが禿げ山を飛ぶコウモリに見えてしまう。。。くらい、独特のプログラムにハマってる。ホフロワの柔軟性を活かしたリフトとスピンが圧巻なので、ステップは?と思ってしまいますが、ゆったりした(比較的)曲調でカーブを使ったステップで効果的に音楽表現してましたね。。最後に転倒してしまったのが非常ーに惜しい!!。ホフロワは可愛らしいのに、悪女のような妖気もありますね。
 TESのベースバリューは出場チーム中、最も高い44.40。加点は6.3です。。

4位 カー姉弟(イギリス)
CD4位 31.79 OD4位 54.47 FD4位 85.11 合計 172.37

 中国大会よりも20点近く点数を伸ばしましたー!(^^)!。。シニード姉さんは髪をブロンドにして相変わらずお美しく、ジョンはここのところ伸ばしてた髪と鬚をバッサリ切ってさわやか系に(角度によっては小島よしおっぽい髪型)。。日本でも大人気ですね。彼らの演技って何か惹き付けられますからねー。
OD Scottish Highland 
 彼らの出身地、スコットランドキルト(スカート)に身を包んでます。ジョンはバンケットでも正装のキルトを着用してますから、自分の出身地に誇りをもって滑るプログラム、素敵です。。スカートから覗くジョンの足は生足なのだろうか?転んだら痛そう。。ジョンのキャメルスピン綺麗ですね。ゆったりした曲調でいかにもスコットランドらしい振付に始まり、蛍の光でアップテンポに。。日本人にはちょっと変な感じですが(蛍の光=閉店、卒業式、紅白の最後)、跳ねるようなステップから最後のローテショナルリフトと盛り上がりました。。すごくシャープで爽やかでスポーティなプロ!。彼らの魅力がギュっと詰まってました(*^^)v。
FD The Landing
 まず、衣装、髪型(銀髪)からオドロキ。。宇宙?サイバー?を意識してるのかな?戦隊モノっぽい衣装です。映画から抜け出してきたみたい。。表情も敢えて無表情で雰囲気出てます。。この衣装はスタイル良くないと着れませんね(細いだけじゃ駄目)。。。ジョンがシニード姉さんを肩に乗っけて片足で滑るリフトがカッコイイ!!2人が同じデザインの衣装ですから、ユニゾンの良さが引き立ちますね(^^)。メリハリの無い曲ですが、最後まで観客を飽きさせませんでした。終わってからも、無表情演技は続き、スタオベも出てました。。
 中国大会、動画で見たときよりもずっと滑りが良かった!!安心しました。

5位 フレイサー&ルカニン(アゼルバイジャン)
CD5位 29.85 OD5位 51.26 FD5位 81.04 合計 162.15
OD Shatrisa

 モロゾフさん振付カップル。女性は「アリー my Love」に出てきそう。。スタバのコーヒー片手にハイヒール履いてビジネス街を歩く役が似合う!モロゾフさんらしい、凝った衣装(ちょっとゴテゴテ?)。全体的に大人ーな雰囲気で上手くまとまってました。
FD Time to Say Goodbye
 この曲を聴くと、98長野五輪、アイスダンス銅メダリスト、アニッシナ&ペイゼラの幻想的なエキシビを思い出しますねー。衣装は白でいかにもアイスダンスっぽく、柔らかい演技でした。。

8位 リード姉弟(日本)
CD 10位 25.45 OD8位 44.28 FD7位 74.12 合計 143.85
OD ゾルバ

 まず、見た目の華やかな美しさに驚きますねー。エキゾチックなルックスですから、ギリシャ音楽もしっくりきます。弟さんが怪我をされた後とかでちょっとツイズルに苦しんでる風でした。。
FD Prayer in the Night 
 頭が小さくて手足が長くて、絵になります。フリーだけなら7位と初出場で大健闘ですね。弟さんがまだ18歳らしいのでこれから体格がしっかりしてきたら、リフトももっと力強くなるだろうし、可能性は未知数だと思いました(^^)。。あまり似てない姉弟かなーと思いますが、口元そっくりです。


 皆さん素晴らしい滑りで(プログラムも素敵なものばかり)、非常に充実してたのがアイスダンスでした。
 ヴァーチュ達の高得点を見ると、グランプリファイナルはCD無いし、彼らの優勝もありそうですが。。。まだまだ年功序列な印象も強いアイスダンス、同じコーチの元で練習する、ベルビン&アゴスト組をあっさり破っちゃったりするのだろうか??? 
 ホフロワ達もOD、フリーとまだまだ伸びそうですし、アイスダンスは誰が優勝するか本当にわからない競技になりました。

 


 

|

« スケート・NHK杯 ペア | トップページ | スケートにおけるセクシーとは »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/9233204

この記事へのトラックバック一覧です: スケート・NHK杯 アイスダンス:

« スケート・NHK杯 ペア | トップページ | スケートにおけるセクシーとは »