« オルフェウスの窓の夢を見た。 | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権終了 »

2008年3月21日 (金)

2008世界フィギュア 2種目終了

3/17から始まりました世界フィギュアスケート選手権も2種目が終了し、後半戦に入ろうとしています。

ペア アリオナ&ロビン 初優勝 おめでとう  heart04happy02
女子 真央ちゃん  初優勝 おめでとう heart04happy02

ここまでは優勝してほしいなーと思っている選手たちが優勝してくれています。
残り2種目も続いてくれるでしょうか?
(アイスダンスはデロベル&シェーンフェルダー、男子は高橋選手(ベルネルも捨てがたい)に期待しています。)

ペアは上位4組と井上さん達がフジテレビで放送されました。
フリー1、2位になった組はスピード感がありましたdash。ペアらしいペアの勝利!ですかね。。2人で一つの物を作りだすという点でサフチェンコ達、デュベ達は素晴らしくそこが評価が高かったのかなと思いました。。
アリオナ&ロビンは表彰台の真ん中が似合います。いやーついに彼らにふさわしいタイトルを手にしてくれたって感じ。。

表彰式の動画 → コチラ

ペアやダンスでは表彰式、特に国歌斉唱を省略されることが多いですからねー。ドイツ国歌好きなので、彼らの栄誉で聞けるのは最高です。

女子シングルは。。
朝、ちらっとニュースで拝見しただけで、もらい泣きcrying
(睡眠命の私にはj-sportsの生放送チェックはできないですね。)
最終グループ100%の演技をした選手は少なかったようですが、最初のジャンプに失敗しても他でしっかり魅せた浅田選手が勝利。コストナーも自己最高の銀メダル獲得happy01
 国民的アイドルとして常に注目を浴び続けている彼女。本当に世界チャンピオンになれて良かったですね。中野友加里選手も良いできだったようで、今晩の放送が楽しみです。。安藤選手は演技途中で棄権したとか。

さてさて、激戦が予想される、アイスダンスと男子シングル。
アイスダンスはOD終了時点で
1位 デロベル&シェーンフェルダー(フランス) 107.98
2位 ホフロワ&ノビツキ(ロシア) 103.97
3位 ヴァーチュ&モイヤ(カナダ) 103.52
4位 ファイエラ&スカリ(イタリア) 100.70
5位 ベルビン&アゴスト(アメリカ) 99.71

 ODは高得点ラッシュだったようで。。ベルビン達はCDでの転倒が響いてますね。ODでも後輩テッサちゃん達の方が高得点だったし。。もし、ドムニナ&シャバリンが出場していたら、ベルビン達が最終グループに残れなかったかもしれないんですよねー。。
 イザベルさん達、念願のメダル(しかも金!)まであと少し。。よほどの過失が無い限り優勝してくれそうですが、あとは平常心で滑ってください。。トリノ五輪のキスクラでフリーでは2位だったのに、メダルを逃した時の2人の表情が忘れられないんです。
 ホフロワ組が僅差ながら2位と大健闘。。できればこの順位をキープして欲しいなあーー。滑走順が最終グループ1番というのが吉と出るか凶と出るか。。
 テッサちゃん達は本当に恐ろしい。。杉田先生が四大陸のエキシビで「女性が大きくなり過ぎるのではないか」というのが唯一の不安要素らしいですが。確かに見るたびに大きくなってる気がします。。まだ18歳ですしそこが心配ですね。
 4位と大健闘のフェデ&マッシ。。今までは女性のパワフルな雰囲気に目がいってたんですけど、今年はなんだか男性スカリの方に目がいってしまうんですねー。ホールダンスはピカ一に上手い(藤森先生談)選手だそうです。
 ベルビン達は銀→銅→銅とキープしてきたメダルを確保するのは難しそうですね。。これが一番意外でした。

男子シングル
 有力選手の中で最初に登場するトマシュ・ベルネルの演技がカギですね。今年はヨーロッパチャンピオンですから、良い演技をしたらそれなりの点がもらえるでしょうね(点数出し惜しみとかなく)。。
 気になるのは小塚選手。。最終グループ、最終滑走から2番目です。初出場でこの滑走順ですが、一つ前では同じように初出場でジュニア卒業組のパトリック・チャン選手が滑るので大丈夫かな?(大輔君、ジュベの後だと気の毒過ぎる)

はー、明日の朝、起きる時にはどんなドラマが待ってるのだろうbearing。。。

 
 
 

|

« オルフェウスの窓の夢を見た。 | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権終了 »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

JEN様のフィギュア記事、楽しみにしています♪
昨日帰宅してテレビをつけたら、ちょうど中野選手のフリーが始まるところでしたので、観ました。ノーミスで、中野選手一番の出来では?最終滑走であの演技は素晴らしいですね。新聞に「昨季より順位を一つ上げ、努力の人と言われるだけのことはある」と書かれていましたが、同感です。
衣装も今までと異なり、大胆かつシンプルで素敵。今までのピンクな衣装も中野選手らしく好きでしたが、今回は目にも鮮やかな朱色。「今回は海外にアピールするぞ」という彼女の意気込みが感じられて、これはこれでいい衣装だと思いました。ちょっとふっくらしたお顔と体型が日本女性らしくて好感持てます。コーチの佐藤夫妻(有香さんの御両親)、特に有香さんのお父さんんの、目を細めるお顔が好きです~
すみません、語ってしまいました。

投稿: greenagain2 | 2008年3月22日 (土) 07時11分

>あの日、一番観客の心を掴んだのは中野選手だったと思います。外国のお客さん達が何人も最後のスピンが終わる前から立ち上がる準備を始めたのが本当にすばらしい滑りだったことを物語っていますね。
 異国の地であれだけのスタオベが出て、自分の力を出し切った彼女の笑顔が素敵でした。。
 スタオベ&得点が低いと抗議する観客のブーイングってある意味、勲章だなーと思います。

投稿: JEN | 2008年3月22日 (土) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オルフェウスの窓の夢を見た。 | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権終了 »