« スケート・アメリカ大会、カナダ大会予想 | トップページ | NHK杯はじまるよ! »

2008年10月28日 (火)

スケート・アメリカ大会

さてさて、グランプリシリーズ初戦、アメリカ大会も無事終了しました。

テレビ●日さんったら、オリンピック後、放送権を獲得して、訳も分からず全種目BS枠も含めて放送し、ペアとアイスダンスは視聴率が取れないからと翌年は地上波カット。。今年はBS放送なしですかdown。報道ステーションでエキシビ放送って、どうせ、日本選手とキム・ユナくらいダイジェストで放送するだけなんでしょー。

私のグランプリシリーズはNHK杯で幕を開け、年明けのヨロ選放送からエンジンがかかるのだと思うと腹も立たないかな。。

いろんなことにびっくりしたスケートアメリカ 2008。

でも大好きなカー姉弟、グランプリシリーズ初メダルおめでとうhappy02
そして、小塚崇彦選手、グランプリシリーズ初優勝おめでとうhappy02

●ペアでのびっくり。。

1サフチェンコ&ソルコビー(ドイツ) 180.77
SP2位 64.08 FS1位 116.69
2マクラフリン&ブルーベイカー(アメリカ) 172.69 
SP3位 57.02 FS2位 115.67
3ムホルトワ&トランコフ(ロシア) 167.67
SP1位 66.32 FS4位 101.35

びっくりしたのは、ムホルトワ&トランコフがSPで首位に立ったこと。
世界チャンピオン、アリョーナ達がソロジャンプがダブルになるというミスや、全米チャンピオン、マクラフリン組がスロージャンプでミスがあったとは言え、ここで首位に立ったのは今後の自信につなげて欲しいな。

 SPはサフチェンコ達、動画で見ると、スペーシーな音楽と衣装。アリョーナのピンクのロングブーツと下ろした髪型がすんげえ可愛い。。で、ロビンの衣装がてかり素材のモジモジ君スタイルで、より、アリョーナに目が行ってしまいました。いつも「あ!」と思わせるプログラムでシュトイヤー氏の力量が窺えます。

フリーでは、ムホルトワ達、ミスが続いたようですね。アリョーナ達もエレメンツが抜けたり、スロージャンプがシングルになったりしてますが(プロトコルを見る限り)、僅差で1位を取り、トータルでは差をつけて優勝です。こういうところが世界チャンピオンですね。

●アイスダンスのびっくり

1デロベル&シェーンフェルダー(フランス) 187.64
 

CD1位 38.49 OD1位 58.26 FD2位 90.89
2ベルビン&アゴスト(アメリカ) 186.53
CD2位 37.63 OD3位 57.47 FD1位 90.89
3カー&カー(イギリス) 180.20
CD3位 34.37 OD2位 57.74 FD4位 88.09

カー姉弟がODでベルビンたちを僅差で抑えて2位に入ったのにはびっくり。ベルビンたちはローテショナルリフトのみレベル4で、他4つの要素がレベル3。カー姉弟はレベル4 3つ、レベル3 2つ、デロベルたちもレベルの取りこぼしがあったりで、今回の得点だけでは一概には言えないけれども。。

ともかく、カー姉弟、初メダルおめでとう

●男子シングル

1小塚崇彦(日本) 226.18

SP3位 80.10 FS1位 146.08
2ジョニー・ウィアー(アメリカ) 225.20
SP2位 80.55 FS2位 144.65
3エヴァン・ライサチェック(アメリカ) 223.21
SP1位 81.30 FS3位 141.91

 小塚選手、やってくれました~。優勝決まった瞬間、会場はシーンでしたね。小塚選手は転倒とお手つきがあったのに対し、ウィアー選手は両足着氷のみ。ライサチェック選手は転倒1度でしたものね。。こういうとき、新採点だと、プロトコルを見ながら、フムフムと納得できるのが良いですよね。

 ライサチェック選手のつなぎ衣装始めてみましたけど、手足が長くて布がたくさん必要そうだなー。。タラソワさんの振り付けだそうですが、振りのコマがたくさん入っていて動くの大変そう。。

●女子シングル
1キム・ユナ(韓国) 193.45

SP1位 69.50 FS1位 123.95 
2中野友加里(日本) 172.53
SP3位 57.46 FS2位 115.07
3安藤美姫(日本) 168.42
SP2位 57.80 FS3位 110.62

一番驚いたのはエントリーの予定のない、浅田真央選手の過去の演技が放送されたことですが。。
 キム・ユナ選手、確かに減点の少ない演技だけど、ミスがあるのにこの得点、ちょっと出すぎなような。。ううーーん素人にはよくわかりません。
 安藤選手はSPは動きが自然で良かったと思います。ジャンプの回転不足と、1つの転倒が惜しかったですね。。
 中野選手も調子がイマイチとは思えない、まとめ方で安定感はさすがです。。。

 残念だったのは、キミー・マイズナー選手。まだこうジャンプのタイミングで悩んでる感じですね。でも、シーズン開幕したばかり、エルドリッジ&キャラハンコーチの元でさらに素敵なキミーに会えるのを楽しみにしています。
 太りそう・・と思っていたレイチェル・フラット選手。やっぱりちょっと太った?全米選手権よりすべりがちょっと重そうに見えました。
 長洲未来選手、グランプリシリーズデビューで緊張してたみたいですね。

もう、テレビ●日さんの安藤さんへの「四回転飛びますか?」て質問やめてあげて欲しいよ。聞いてて不愉快。四回転しかないみたいじゃない。。中野選手には「トリプル+トリプル飛びますか」ばっかりだし。。浅田真央選手には「トリプルアクセル」ばっかり質問するんでしょうねえ。スケートアメリカはGS初戦です。アメリカ選手はまだまだ調整中というのが見てわかるというのに、テレビ局だけが盛り上がっちゃって、温度差を感じました。

来週から2週間、テレビ●日さんの写らない地元に帰るのでイラっとすることもないのでしょうね。あんな放送なら録画してすっ飛ばして見るので上等だい!

|

« スケート・アメリカ大会、カナダ大会予想 | トップページ | NHK杯はじまるよ! »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

小塚くんが優勝した瞬間会場がしーんとしたのには笑った~。ウィアーとライサチェックを抜くとはΣ(゚д゚;)
キミーマイズナーが調子悪かったね。相変わらずめっちゃくちゃ可愛かったけど~heart
キムヨナって演技力っていうか、なんていうか、体の使い方とか氷のつかみ方とか群を抜いてる感じだよね。
それにしても点数の差がありすぎるように思った~。
やっぱり、真央ちゃんしかいないのかね。止めるのは。

私もさぁ、あのインタービューの時に「4回転・・・」の話しかしないところとか、ドラえもんを妙にアピールするところとかいや~。

投稿: ぷっちん | 2008年10月31日 (金) 14時28分

初めまして、椿と申します。
私もスケートとオル窓が大好きだったのでコメントさせて頂きました。

男子優勝決定の瞬間すごかったですね~私もネットで見ていてびっくりしました。
小塚選手はプロトコル見ると確かに加点の多くて質がいいエレメンツが多いので、見た目よりも得点が出た印象を受けました。(PCSも昨年に比べればすごく出てたように感じますし)ライサやはりまだタラソワさんの振り付けを踊りこんでいない感はありましたがまだまだシーズン序盤ですし細かいミスは多かったですよね。
キミー選手お化粧もばっちりメイクで衣装も少し雰囲気違っていてすごい可愛かったですよね!
キム選手はもうプロトコル見てもなんか呆然というかルッツは素人目でもゆっくり見ると危ない気がするのに「!」も付いていようですよね。
フ●の時の実況アナウンサーもすごかったですが、●日もやっぱり…すべての選手の放映を見たい人にとっては民放はいいとこ無しですよね。

投稿: 椿 | 2008年10月31日 (金) 21時24分

>ぷっちんさん、
キム・ユナは危なげないし、ソツが無いよね。しかも最初に飛ぶジャンプがすごい飛距離があって、あれで圧倒されちゃう。
そしてキム・ユナが教科書かってくらい減点が無いよね。
 テレビ○日より、長洲未来ちゃんの方が絶対大人だよね。未来ちゃんを子供扱いしないでほしいよ。
 

投稿: JEN | 2008年11月 4日 (火) 19時31分

椿さん、初めまして
おお!スケートにオル窓!!共通点多いですね。
これからもよろしくお願いします。
アメリカの観客にしてみると「え?小塚?誰?」だったんでしょうかねえ。加点がつく後半のジャンプを確実にこなしたのも得点を伸ばしましたが、会場にいたら私もシーンとしちゃったかな。。05年のNHK杯で転倒した織田選手が優勝したときくらいビックリしました。
 ライサチェックはスケカナどうしちゃったんでしょ。これから動画チェックです。
 私もキミー・マイスナー大好きです。世界チャンピオンになった時よりも滑りが洗練されて、品があって可憐なレディになってくれましたlovely
 

投稿: JEN | 2008年11月 4日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/24814953

この記事へのトラックバック一覧です: スケート・アメリカ大会:

« スケート・アメリカ大会、カナダ大会予想 | トップページ | NHK杯はじまるよ! »