« バンクーバーショックから・・・ | トップページ | 汚姑がやってきた 序章 »

2010年4月 3日 (土)

世界選手権終了

トリノでの世界選手権、無事?終わりましたね。

02年のソルトレイク五輪の後の東京ワールドで、村主さん、本田武史さんがアベック銅メダルを受賞したときに「は~、こんな日が来るなんて。。」と強くなった日本フィギュア界を思い、感慨深かったものですが。。

男女アベック優勝

こんな日が来るなんて・・・happy01
うれしい限りですね。

採点については思うことは多々あります。が、
今回感じたことは

①ジュベールが元気じゃないとつまらない!!
 やっぱり、私、彼が好きかも(今更)lovely。これって恋?。気づけばジワジワと虜になってた気がしますね。

 これまで好きになった男子選手といえば、一目ぼれでカレル・ゼレンカ選手や、古くはサラエボ銅メダリストのヨゼフ・サボフチック(チェコ)(金髪チェコ系に弱い)。

 気づけば虜になってたといえば、アメリカのトッド・エルドリッジ以来かな。。ジュベールとエルドリッジじゃスケートのタイプがぜんぜん違う。エルドリッジは四回転時代に四回転を飛ぼうと苦労していたほうだしね。。

 SPは久々の「俺様ジュベール」が帰ってきてうれしかったな~。フリーでも四回転二回跳んでかっこよかったよー。なぜにジュベが銅メダルなのか。。審判よ!パトリック・チャンを嫌いにさせないで。て思っちゃったね。パトリック・チャンも四回転時代に生きていたら、跳んでるのかしらん??。

②女子シングルは不思議がいっぱい。。

 なんだか、ここまでユナ選手に高得点が出ると彼女自身かわいそうだよね。先生にえこひいきされて過剰にほめられ、友達ができない優等生みたい。でも、よくオリンピック後の世界選手権に出たよね。

 時と場合によってのジャンプのダウングレードの基準に見ているこっちも困惑気味。。ここ最近では演技終了後の観客の熱狂と、得点が出た後の温度差が激しすぎですよね。。とにかくトリプルアクセルは女子は跳ぶなってことかねえ。。てくらいトリプルアクセルには厳しいね(イエデボリワールドでの中野友加里さんしかり)

③やったねカメ先生smile 

 パスカル・カメレンゴ先生振り付けの「道」で高橋大輔選手が金メダル。愛弟子のファイエラ&スカリがアイスダンスで銅メダル。。スゴイスゴイ!!
 
 07年の東京ワールドでスカリがサイン攻めにあってる横で物静かにニコニコとその様子を見守っていたカメ先生。その紳士的な物腰にフォーリンラブした私ですが。。やっぱ、あの時、サインもらっときゃ良かったよー!!己の語学力の無さを恨むばかり。。

④カー姉弟は引退なのかな。。
 今回、ODでオリンピックと違う、スコティッシュメドレーを滑った彼ら。もしかして引退なのかな?て思ったのです。最後に自分達の母国の曲で滑りたいって気持ちがすごく現れていました。。

 カー姉弟のおかげでアイスダンスがまた好きになって、日本にも何度か来てくれて(その間二度の妊娠、出産があって1度しか生では見れなかった)、本当にありがとう。。と言いたいです。

⑤アリョーナ&ロビンこれからも頑張って。

 世界選手権3連覇はなりませんでした。それでもシーズン当初、エリック杯のことを思えばよくぞここまで持ち直してくれたって思います。2連覇した世界選手権でもノーミスというわけにはいかなかったから、これからもやはり自分達が一番のライバルかもしれないね。
 今回はエリック杯やヨロ選でまさかの2位に終わったことや、カムバック組のことなどいろいろと不安材料が揃ってしまった感もあるから、まだまだ彼らの演技を見ていたい私としてはソチまで続けて欲しいけど、そのときにはロビンが34歳。。ロビンは体力ありそうだから大丈夫かな。。

 バンクーバーのペア競技で美人選手ベスト3を選んだので、アイスダンスも考えてみました。
 NO.1はハンガリーのノラ・ホフマンに決定。。普通にヴィトンの広告とかに出てきそうな美人ですよね。一緒にいるとパートナーのザボジンが付き人に見えてしまうのですが。。

2位はタニス・ベルビン 3位はナタリー・ペシャラ ってとこかしら。4位には日本のリード姉を是非推薦したいです。

|

« バンクーバーショックから・・・ | トップページ | 汚姑がやってきた 序章 »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

何とも疲れたシーズンでした。採点後にこれほど凍りつくシーズンがあったでしょうか。世界選手権のときは、何かもう免疫ができて、得点発表後に「はっはっはっ」と笑いが出てしまいました。ペアとダンスを見られるのはもう少し先になりそうですが、結果はわかっているし「もうこの人たちいいや・・」で、見ない演技が多いかも知れません。
ムホルトワ&トランコフは解散・・・。これからなのに、残念でなりません。そしてヴォロソシャー&トランコフの誕生となるのでしょうか?
カメレンゴさん、アルベールビルや長野では選手として、そしてここ数年は、コーチ・振付と大活躍!いい感じに年齢を重ねていらっしゃいますね~。

投稿: ここーぎー | 2010年4月 8日 (木) 15時03分

>ここーぎーさん
何でこんなことになっちゃったんでしょうね。。演技終了後、選手達も得点が出るまで心から喜べないなんて気の毒ですね。ジャッジに嫌われたらオシマイと思ってしまいます。
 ムホルトワ&トランコフ。少し憂いを含んだ感じがいかにも「ロシア」的でこれからどんどん伸びていって欲しいと思っていたので残念です。
 ボロソシャはシュトイヤー氏に師事してから明るくなって、彼女のミスも少なくなったし、「ついてきなさいよモロゾフ」とモロゾフをリードしてる感じが好きだったな~。ボロソシャ&トランコフはウクライナ代表なのでしょうかねえ。

 私、残念なことにカメレンゴ先生の現役時代を覚えていないのですよ(長野は生放送で殆どの選手を見たというのに)。これからも素敵なプログラムをいっぱい作って欲しいですね~。来季も高橋選手の振り付けをしてくれるのかな。。

投稿: JEN | 2010年4月12日 (月) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/34059835

この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権終了:

« バンクーバーショックから・・・ | トップページ | 汚姑がやってきた 序章 »