« ワイドショーネタ・プライド高き女たち | トップページ | 職業 二世タレント »

2012年7月31日 (火)

ロンドン五輪、3日目終了

ねむいねむい。ねむいです(でも仕事中)

昨夜は柔道女子、松本選手の金メダル獲得を見届けたあと、その流れで男子体操を見たのですが、まさかの4位決定した時点で、

①あれだけちょこちょこミスがあったら仕方ないよね
②日本が演技する時にイギリスも同時進行で演技して、ちょっと運も悪かったね
③内村選手は1人で6競技に出て、疲れがたまったのではないかな?個人総合に影響もありそう

と、思いながらも眠ってしまい、起きたら銀メダル確定!

でも、内村選手が言っていたように2位も4位も変わらない。
やり残した感、悔しさが残る そんな団体総合だったように思います。
(銀メダルが決まった瞬間は、みなさんほっとしてたように見えましたが)

北京の時は、もともと強い中国が地元開催で強化もしてきたし、あの観客の大声援でかなりアゲアゲな点数で、大差をつけられた感じでしたが。

今回はそんなに中国との差を感じなかった。むしろ、技の完成度、美しさなんかは圧倒的に日本の方が良かったですが。

でも、中国は足先が揃ってなくても(姿勢がイマイチでも)、力で無理やり持って行っても、最後の着地をピシっと止める。器具から落下しない・・
目に見える大きなミスがないのだから、金メダルなのも仕方が無い感じでしたね。

①田中兄さん、一番、本人がもやもやしてそう。あの鉄棒でのつまりがなければ、床で手をつけなければ、あん馬で落下しなければ・・・て。とても安定感のある選手だと思っていたのでびっくりしました。

 
オリンピックはフランス製の器具でやるのはずいぶん前から決まってるのだから、合宿などですべてオリンピック仕様にして練習できなかったのでしょうか?

②あのイギリスの歓声はしょうがないけど、集中できないよね。イギリスと同じタイミングで演技するかどうかで雲泥の差だよ。不公平だよ。主催者側はもっと気使えよ。種目ごとに演技順を各ローテーションで組み替えるくらいしてよ。開催国がいるならさあ!!

あんな誤審するくらいだから、主催者側に何を言っても無駄かな。

③なんかねえ、内村選手に頼りすぎだよ。
中国のスーガイは種目ごとに出たり出なかったりで。
こんなんと中1日あけて個人総合で対戦ってちょっと不公平じゃないかな(疲労回復度が全然違う)。

中国は種目ごとにスペシャリストを育てて、持ち駒をそろえる感じなのかな。

加藤凌平選手のかわいらしさと、富田コーチの兄貴っぷりが良かったです。

個人総合、種目別では選手たちの達成感あふれる笑顔が見たいですね。

話は開会式に戻りますが。。。

私は選手入場が好き。

今回は、テニスのノヴァク・ジョコビッチが旗手をするのでは?と予想をつけて楽しみにしていたのですが、ジョコビッチってどこの国の選手だっけ?クロアチアじゃなくて、ユーゴスラビアじゃなくて。。。
セルビアが思い出せなくて苦労しました。

そして、予感は的中!!旗を掲げて歩く、ジョコ君、かっこよかった~~

ポーランドはラドヴァンスカが、ロシアはシャラポワが旗手でしたね。
プロテニス選手ってやっぱり華があって素敵です。

|

« ワイドショーネタ・プライド高き女たち | トップページ | 職業 二世タレント »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/46527951

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪、3日目終了:

« ワイドショーネタ・プライド高き女たち | トップページ | 職業 二世タレント »