« サフゾル・ヴォロトラの歴史?スタニスラフ・モロゾフの歴史 | トップページ | 内助の功と言われるたびに »

2013年12月24日 (火)

全日本フィギュア終了 ソチ五輪代表決定

たくさんの感動とともに全日本選手権が終了し、ソチ五輪代表も無事決定しました。

高橋大輔選手の名前がコールされた瞬間の会場の奇声とどよめき、
揺れるD1SKバナーと泣き崩れる大輔ファンのマダム達を見て

自分が男であの方々の一人が自分の奥さんだったら
「頼むからうちの奥さんアップで映さないでー!」と思ってしまうのではないかと。
自分が男であの方々の一人が自分のお母さんだったら
「同級生に見られたら恥ずかしいから、おかん、映らんとってー」と思ってしまうのではないかと。

もし違う選手がコールされていたら、
「ええーー?!」という怒号が飛び交って、違う意味で泣き崩れるマダム達だったのかな・・

まるで韓流スターのイベント会場のようだった埼玉スーパーアリーナ
ここまで世のマダム達(若いファンの方もいるでしょうが)を虜にし、今までとは違ったフィギュアファン像を見せてくれた
韓流スターのような選手がこれから出てくるのだろうか・・・。

いろいろあったけど、大輔ファンのすごさを改めて感じた全日本でした。
(特に、羽生選手のSPの100点越えの後、その若きエースの100点越えの余韻を楽しむのではなく、大輔選手を心配する空気になったのとかさ)

全日本の成績が
羽生 小塚 町田 織田 高橋 だったとしても、高橋選手が選ばれたのかな。
小塚選手は2011年の世界選手権では2位だし、
日本の3枠獲得が危ないときにいつも踏ん張って枠獲得につなげてくれたし、
実績としては申し分ないと思いますが

小塚選手が、本来なら手術が必要な怪我だが、五輪に間に合わないので手術はしなかったと以前インタビューで語っていたので、小塚選手の怪我の影響もあったのかもしれない

まさかバンクーバー代表組で残りの1枠を争うなんてね。

ではこの怒涛の3日間の記憶をもう一度整理します

男子シングル

優勝した羽生選手
グランプリシリーズでパトチャンと直接対決2回というのが、確実に成長へとつながったなーと思いました。少し前までの最後の方のジャンプでスタミナ不足転倒するんじゃ?という危なげな感じがまったくなくなり、最後のスピンでヘロヘロで「頑張れ!!」と言いたくなるようなシーンがなかったですね。

あとは四回転サルコウ 大きな大会で決まったのをあまり見たことないので、オリンピックまでに1度はクリーンに決めたかったところでしょう。サルコウなくても良いような気がするけど、確実に金メダルを取りに行くには必要なのでしょうね。
ノーミス演技がオリンピックで観たいです。

2位の町田選手
高橋選手のあの演技の後、会場全体が切ない余韻に包まれた中(アウェイでしたよ)、よく集中してフリーもノーミスでこなせましたよね。SPでは有力候補の中で1番に登場するもノーミスだったし、メンタル面での成長がうかがえます。

3位 小塚選手
パトチャンにも劣らないスケーティングスキルの持ち主だと思うのですが、どこかこう地味な印象(&ぼさぼさ?な髪型と???な衣装で)で損してるなーといつも思うのですが。今回のフリーの衣装は良かったですよ。あまり表情が変わらないところがジャニーズと言うと山Pっぽいというか。

こううっとりとしたナルシストな表情とか「やってやるでー!!」という勝気満々の目力とかあったらと思うのですが、そこがまた小塚選手の良さでもあるのでしょう。

その無表情を逆手にとって、一度、「ボレロ」で滑ってほしいなーと常々思っています。

今回はGSに比べるとかなり戻ってきてるなーと感じたので、代表に選ばれるかと思ったのですが。まだ引退はしないで怪我を治して頑張ってほしいです。

4位 織田選手
SPで最初の四回転が三回転になったとき、コンビネーションに3回転つけるんじゃないかとヒヤヒヤした方たくさんいたと思います。
四回転を飛ぶ難しさを改めて感じました。
フリーは本当に素晴らしかったです。そして、演技終了後に「大ちゃんガンバ(かな?)」と大輔選手にエールを送り、また、女子で鈴木明子選手の優勝に本人以上に泣いていた彼。織田選手にもオリンピックに行ってほしかったなー。3枠しかないのが本当に残念です。

息子さんたち、上のお子さんがママにそっくり、下のお子さんが織田選手によく似てますね。織田選手の奥さんも里田まいさんが持っている「ジュニアアスリートフードマイスター」の資格をお持ちなのですね。 内助の功は里田まいだけじゃないんだぞ!!!

5位 高橋選手
悲劇としか言いようがなかった直前の怪我

攻める姿勢、王者のプライド、支えてくれた方々への感謝の気持ちがあふれる演技
かつての「ガラスのハート」と言われた高橋選手はそこにはなかったですね。
いろんな意味で刹那的で感動させていただいた演技でした。

フリーの衣装の袖の部分の切り込みがとても素敵です。

モロゾフが大輔チームに再び加わったのは良かったのだろうか?とずっと思ってきたのですが、ソチでは「よかったのだ」と思わせてくれると良いですね。

大輔選手はここで代表に選ばれて、織田選手、小塚選手と日本男子フィギュア黄金期を戦った戦友の分まで頑張ると気が引き締まったのではないかと思います。

6位 無良選手
シーズンを通じて、いまいち乗り切れてなかったのが残念でしたね。
よく滑るようになってただけに、あの力強い四回転、バシッと決まるとこ見たかったです。

女子シングル

1位 あっこちゃん
もうSPから涙、涙でした。
フリーは宮原さんの素晴らしい演技の後だっただけに、「転倒したらどうしよう!(オリンピックが遠のく?)」とドキドキしました。
140点超えの点数にはびっくりしましたが、優勝に値する演技だったと思います。

13回目の挑戦での初優勝、心からおめでとうと言いたいです。
この13年間をざっくり振り返ると
荒川、村主、恩田の3人娘に加え、中野友加里、太田由希奈、安藤美姫、そしてトリノシーズンには浅田真央選手も加わり、
荒川さんの金メダル&真央ちゃん人気で空前のフィギュアブーム!!

こんなすごい選手たちとともに戦い続けて13回目で全日本チャンピオンなんてね。
そのドラマティックなストーリーだけでなく、あっこちゃんの素晴らしい演技に、スケートをしてくれていてありがとう!!です。

2位 村上選手
SPで3回転+3回転が決まって、自信を取り戻したのか、気合十分、渾身の演技でした。
SPは戻して良かったですね
フリーのしっとりした雰囲気も、今の彼女ならばっちりです。

3位 浅田選手
いつになく険しい表情でフリーの2本目の3Aに向かう時はスピードが遅くて、失敗でしたね。連戦の疲れがたまっていただけなら良いですが。
ここにきてちょっと心配になっています。
最後の全日本、優勝したかったでしょうね

女子は良い演技が続出でしたね。
真央ちゃんに続くのは誰なんでしょう。
真央ちゃんのようなオーラのある選手ってなかなか出てきそうにないですね。

まだ今井遥さんの演技を見れてないので、これから見るのが楽しみです。

安藤選手、やれるだけのことはやったのではないでしょうか。
本人も納得されたでしょう。
2004年の世界選手権で見せたような軽やかな笑顔が戻ってきて良かったです。

と、女子は尻すぼみになってしまいましたが
本当に充実した歴史に残る全日本選手権でしたね。

|

« サフゾル・ヴォロトラの歴史?スタニスラフ・モロゾフの歴史 | トップページ | 内助の功と言われるたびに »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/54363035

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本フィギュア終了 ソチ五輪代表決定:

« サフゾル・ヴォロトラの歴史?スタニスラフ・モロゾフの歴史 | トップページ | 内助の功と言われるたびに »