« ソチ五輪 ペアフリー終了 | トップページ | ソチ五輪が終わって »

2014年2月18日 (火)

ソチ五輪 男子シングル 終了

連日の夜更かし観戦&大雪による雪かき疲れで

羽生結弦!日本男子フィギュアスケート初金メダルを見届けた後
1日寝込んでしまいました
でも ゆづの余韻に浸る暇もなく 雪かきはせねばならぬ。

やっぱり実況は西岡アナが良かったなー

「なかなか日本が世界に勝てない時代が続いて・・」と解説のホンタケさんが感極まってるのを見て、もらい泣きしました。

本当に日本男子で初めて四回転飛んで、ヤグ・プル全盛期に世界と一人で戦って、
後輩の大輔君のコーチをして オリンピックで銅メダル
で、今回日本男子初の金メダル・・泣かずにいられようか。

そして、存続を危ぶまれた仙台のリンクに荒川静香さんが寄付をし、金メダリスト誕生ですから、人々の思い、先輩達の偉業はつながっていくのだなー。

パトチャンをもってしても、カナダの呪いは解けなかった
パトチャンも去年までにオリンピックが行われていたら、間違いなく金メダルだっただろうな。
運と巡りあわせ
金メダルを取ることは素晴らしいけれども、順位をつけることだけが全てではないし、
多くのアスリートの残した軌跡に優劣なんて関係ないんだなーと思いました。

SPのプルシェンコの棄権
神様が「もう十分だ」と言っていた。その通りだと思います。
31歳であれだけのパフォーマンス。やはり彼は宇宙人でしたね。
ロシアはプルに頼り過ぎていたのです。
プルの残りの人生を奪っていいわけではない。

バンクーバーからの四年間で、選手たちがこれだけ四回転に挑戦するようになり、得点だけでも大幅に進化した
プルシェンコの存在は非常に大きかったですね。彼失くして今回の死闘は無かったのだから。


SPのアボットの転倒
いつも痛そうに転倒するアボットだけど、今回は本当に痛そう
でも立ち上がって、残りのジャンプをすべて決めるところに彼の意地とプライドを見ました
フリーはノーミスでしたし、「僕はここにいる!」というすごく気持ちのこもった演技でした

SPでは
もちろん、羽生君の演技も素晴らしかったけど

マヨロフのウサギジャンプとバレエジャンプ!弾丸みたいにエネルギッシュでしたねー
SPのMVPは羽生君とマヨロフだね

デニス・テン選手の
ここ一番で合わせる能力すごいですね。
ステップは一番迫力があったし、動きは一番良かったと思います。
シーズン前半不調だからと言っても、デニスはわからない。と頭に叩き込んでおきます。

ケビン・レイノルズ選手は
シェイ・リン・ボーンさん振付のSPのプログラム好きだったな。練習着?と思ったけど、ああいうカッコイイ系の衣装とプログラムもフリーのエルフ系もいけるんだね。SPのミスとフリーの得点が伸びなかったのは残念です。

アモディオ、
ジャンプ、残念でした。踊りは良かったよー。
泣かないで・・・

ベルネル
昔のベルネルが少しずつ戻ってきたかのような演技でしたね。
今大会で引退
東京大会でのあのドラマチックなフリーの演技、絶対に忘れません

ジュベール~
SP、フリー合わせて3回 四回転飛びましたね。男ジュベールめちゃくちゃかっこよかったです。
もう少し点数伸びても良いのにねえ。最終グループで観たかった
彼も伝説に残るスケーターでしょう。。

ハンヤン君のトリプルアクセルは本当にびっくりします。
あの迫力と安定感、パトチャンに分けてあげればいいのにな。

まっちーは
SPのダブルルッツが惜しかったね。
あそこでトリプル飛べてれば、フリーで転倒しなければ、メダルだったかも(たらればは言ってはいけないけど)
でも、自称日本男子 第5の男がオリンピックにもう少しでメダルですから、すごいです。


もう最終グループに入ると心臓が飛び出そうでした。

6分間練習で、羽生選手が焦ってるように見えて(ジャンプの抜けが多くて)
心臓がさらに飛び出るが、本田君によると全員緊張していたらしい

ナンデス君のピーター・ガンは昨年のチャップリンに比べてどうなの?と思っていたけど、
すごく良かったです。小さいミスはあったけど、
でも、何より、ザヤってしまったのが残念過ぎる~

高橋大輔選手は
演技終了後、良い笑顔でしたね。足が見るからに痛そうで、もう無理しないでーって思ったけど。4回転を飛んだのはアスリートとしての誇りとプライドを感じました。
途中のスローな部分から「支えられてきた方々に感謝の気持ちを込めてるんだなー」というのがすごく分かる感動する演技でした。
滑りもとても清々しかった

羽生結弦選手は
フリップの転倒にびっくりしました。2回目のトリプルアクセルも危なかったけど、意地でダブルジャンプをつけましたね。
ルッツからのシークエンスでサルコウがノーカウントになったのが惜しかったなー
(足をついてしまったから)
プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも必死に演技する姿に
「彼も人間なんだなー」、「頑張れ!頑張れ!スピンまわれー!」と思ってみてました。

終わった瞬間、「金メダルは無いな」と思って寝ようかと思ったけど
ピーター・リーベルスとジェイソンがいるから起きることにしました。
パトチャンに神演技が出るか気になるしね


金メダル間違いなしと思っていたパトチャン
4回転+3回転をきれいに決めて「これはもう金メダル間違いないと思ったら」
どこまでアクセルジャンプが苦手なんでしょう・・・
今大会のアクセルジャンプは飛び上がった瞬間にグラっとなってどれも怖かった。
3回転の予定が2回転になったジャンプが2か所と
最後の2Aでよろけて完全に足が止まってしまったのが痛かったですね。

今までちょっとミスがあっても、圧倒的なスケーティング技術で世界選手権を勝ち続けていたのに、昨年はデニスの追い上げ。そして今シーズンは羽生君に負けることもあった
ノーミスでないと金メダルは厳しくなってきた
さらにカナダの呪い・・・ 

さまざまなことがありさらにプレッシャーが大きくなってしまったのでしょう。
パトチャンも人間なんだな
でも、パトチャンがフリー、SPと合わせて四回転を3回も飛んでくれたこと。挑戦してくれたことがすごくうれしかったです。ちょっと好きになってしまいました。


そしてピーター!!リーベルス~!!
SPでは4回転+3回転決まった
いつも着氷がきれいで、よく滑る選手なのに今一つ乗り切れない印象でしたがソチに入ってから団体戦でもPB更新。そしてSP完璧!86点超え!!フリー最終グループ入り!!

腕が痛くなったガジさんの代わりにカウベル鳴らしたかったわ。

フリーの滑走順がパトリックの後でおそらく金メダルが誰か確定した後に滑るだろうから、大丈夫か心配しましたが、私が想像していたのとは違う空気の中でよくやったよ~!!
今25歳だから、五輪後は引退するのかと勝手に思っていたのだけど、もう少し続けてほしい。
可愛かったカンフー少年が素敵な大人になったなーとうれしく思いました

ジェイソン君が最終滑走者で良かったと思った人、多いでしょうね。
ほっこり癒されました。
なんだかんだと滑りこんでくる(オリンピック代表になったり、最終Grに入ったり)選手だなーと思います。彼も何か持ってますね。

朝起きてきた旦那に
「近年まれにみる自爆大会だったよ」と言うと

「そりゃそうやろ!!だって、羽生とパトチャンは金メダルかけて一騎打ちやし、ほかの10人は銅メダルが見えてるんだから。平常心になる方が難しい!」

なるほどなと思いました。


壮絶なプレッシャーの中、アスリートとしての誇りと意地をかけての戦いでしたね。
選手の人間ドラマが垣間見れて、
ライサチェックには悪いけど、バンクーバーよりは数倍感動しました。

そして、先輩からのメール
「昔に比べてイケメンが少なくなってない?特にトリノの頃」
こちらもなるほどです。


今大会のイケメンベスト3は
1ブライアン・ジュベール(フランス)
2ピーター・リーベルス(ドイツ)
3高橋大輔(日本)

かな。

トリノの頃はジュベールに加えてランビ、ジョニー、ジェフ、ライサと華やかでしたね

|

« ソチ五輪 ペアフリー終了 | トップページ | ソチ五輪が終わって »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/55028817

この記事へのトラックバック一覧です: ソチ五輪 男子シングル 終了:

« ソチ五輪 ペアフリー終了 | トップページ | ソチ五輪が終わって »