« 残すはファイナルのみ | トップページ | 四大陸選手権終了! »

2015年2月 8日 (日)

5年ぶりにオル窓(単行本)との再会!

昨年夏に引っ越しをし、未だ段ボール箱だらけの2Fを整理していたら、
「オルフェウスの窓大事典」とオル窓文庫本が出てきたではないですか!

4年間住んでいた家では段ボールに埋もれて決して見つからなかったオル窓達。
実に5年ぶりの再会です。
その間もネットでは気になるSSを追ってはいたのですが、原作を目の当たりにしてまたまた熱が再燃しつつあります。

思えば、理代子先生の「ユリウス娘生存説」からはや七年が過ぎ。
あれからすぐ身ごもった(と敢えて言わせてもらう)私の娘が今年小学生。 時の経つのは早い・・・

思えば、初めてオル窓を読んだときには、ユリウスやイザークよりも若かった私。
気付けばダーヴィトと暮らし始めるマリア・バルバラさんくらいの年齢にさしかかろうかと。

お願いだから、私の生きているうちに(理代子先生の生きているうちに)、アレクセイとユリウスの娘を題材にした外伝を理代子先生に書(描)いてほしいなー。
命ある限りいつまでも待ちますよ。

昨年、理代子先生の公式HPの掲示板の壁紙に、「アレクセイとユリウスの娘」の絵が登場した時期があったみたいですね。
「見たかった---(涙)」
オルフェウスの窓大事典のイラストの中にユリウスとアレクセイの娘があったならなーー・・と切に思います。

またまた、ファンの皆様のサイトをお邪魔したりしていますが。以前、良く拝見していたブログやサイトがもう見られなくて寂しかったり。。。私の知らなかった素晴らしいお話やサイトがあったり。。皆さまとても博学でいらっしゃって尊敬!!

原作を読み返すたびに、ファンの方々のお話を拝見するたびに「ほーっ!」とため息が漏れてしまうのはオル窓ならではですね。

原作での
①ボリシェビキにスパイとして送り込まれたロストフスキーがアレクセイが生きていることを知り、その後をついていくと・・・
ユリウス「アレクセイ!遅かったね、今日はもう帰れないのかと思ったよ」
アレクセイ「客人を一人お連れしたがそこで逃げられちまったよ」
と談笑しながら2人がアパートに入って行くシーンや

②戦争が始まるかもしれないと同士がアパートに伝えにやってきて
「大丈夫だ。何かわかったら連絡する。俺が帰らなくとも心配しないで待っているんだ」
(帰らなかったら心配するよね。普通)
とアレクセイが言いながら上着を羽織るシーン

が、二次創作での幸せな2人の新婚生活を描く世界とリンクされていてお気に入りなんですよ!!

この場をお借りして、お話を考えてくださって、ネットにアップしてくださってる方々には感謝感謝!です。

|

« 残すはファイナルのみ | トップページ | 四大陸選手権終了! »

漫画・オルフェウスの窓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/58863176

この記事へのトラックバック一覧です: 5年ぶりにオル窓(単行本)との再会!:

« 残すはファイナルのみ | トップページ | 四大陸選手権終了! »