« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月 3日 (金)

オルフェウスの窓 レオニード中毒症 その③

スケオタにとっての一大イベント、世界フィギュアスケート選手権が終わったばかりと言うのに。
レオニード中毒症 が③まで来てしまいました。

今回は小学生の作文のように「レオニード(オル窓)と私」
初めてレオニードに出会ったときの自分を思い出してみました。

オル窓を読んだのは今から約30年前の中学1年生。
寄り道した友人宅にボロボロのマーガレットコミックス1巻、6巻があり、借りて帰ったのがきっかけです。

その後、どういう風に終わるのかが気になって、古本屋で最も終わりに近い16巻だけを買って帰った。なので私が初めて会ったレオニードは
MC11巻の
「どうしたリュドミール、騒がしいぞ」のシーンではなく。。

MC16巻  ラスプーチンが暗殺され
ユリウスがアレクセイに「レオニードに会って、来年の2月までにロシアを出ろと言われた」と告白し
「俺達2人に逃げろと言ったのか…レオニードユスーポフ候 
愛したのか・・・この金髪のエウリディケを・・
愛したから ふたりで逃げろと・・そんなにも深い心で」
と、アレクセイがレオニードを想うシーン

アレクセイが回想する軍帽を目深にかぶったレオニード

これが私とレオニードとの出会いです。

続きを読む "オルフェウスの窓 レオニード中毒症 その③"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »