« オルフェウスの窓 レオニード中毒症 その③ | トップページ | オルフェウスの窓  娘の名前は・・・ »

2015年5月 6日 (水)

オルフェウスの窓 レオニードとアデールさん

まだまだオル窓鬱病&しつこくレオニード中毒症は続いていて・・

最近はアデールさんとの夫婦のやりとりがツボにはまってます。

このアデールさんは登場したころは、バブル時代を謳歌した美魔女世代のようなイメージ。
誰よりも美しく、家柄の良い自分
結婚相手の肩書は重要で、家柄の良いエリートでないといけません。
そして、なおかつ夫にはもっと出世してほしい
ほかの男からもチヤホヤされたい!
何もかも欲しい、どん欲さはまさに美魔女コンテストのおばさま方のよう・・??

アデールさんはとにかく口達者ですよね。
以前、ブログでオル窓で口が悪い人は誰だろうと考えたことがあります。

オルフェウスの窓 口が悪い人物は

このときはなぜなのかアデールさんには触れてないんですけど。
口達者じゃ ナンバー1なのではないのかなと。。。

アデールさん口達者説 その①
文庫版6巻197頁
具合が悪いアデールさんを見舞いに来たレオニードに
「偏頭痛がしますの・・  」
からのアデールさんの愚痴だらけの立て板に水トーク!!

窓の外を眺めるレオニードの後ろ姿は全くまともに話を聞いてない風で
「全く女というものはよくしゃべる生き物だ・・・」と
うんざりしながら早く話が終わるのを待ってるのではないかと・・・

で、話を切り上げようと
「ヴェーラと一緒にクリミアでも・・・」
と言ってみたところ、さらにアデールさんの機関銃トーク(ちゃっかりヴェーラの悪口まで)。

レオニードが1しゃべる間に、アデールさんは10倍返し。。
しかもレオニードの1がことごとくアデールさんの的を外れていて
「よさないか!アデール」
と怒鳴ってしまうレオニード

「もういいわ、出ていらして、心臓が苦しい」と頭痛の見舞いだったはずがアデールさんは心臓病まで併発させてしまうありさまです。。。

こんな嫁じゃあ、くつろげないよね。。。お気の毒ですレオニード。。。


アデールさん口達者説その②
文庫版6巻244頁
宮廷でラスプーチンともめてしまったレオニードに
「軍人のくせに状況判断もできないの?」と怒るアデールさん

軍人のくせにって・・。婚家を下にみていますね。男性の仕事と収入を見下した発言をしてはいけませんよ。

「そんな風だから融通の利かない男だって(コンスタンチンに)馬鹿にされるんですわ」
ここでレオ様、ムっとする。
でやめればいいのに
「私を殴りたいのならそうなすったら、私が皇帝の姪だからって遠慮もいりませんことよ!」
と畳みかけるアデールさん
「私には大勢の求婚者があったのよ。よりによって石でできた男と結婚してしまった」とまで言われたら・・・

私なら、もういち早く白旗を振ってでも、この場所を立ち去りたい!
このときの
「もうたまらん」とでも言いたげな上目づかい?で部屋を出て行こうとするレオニードの表情がめっちゃ好きです。

しかし、アデールさんは
「待って、このままでは行かせませんわよ!」とさらに詰め寄ってくる
もうお願いだからレオニードを逃がしてやってよ~  と私は心から思うのでした。


アデールさん口達者説その③
文庫版6巻274頁
軍隊の反乱の鎮圧に駆り出されるレオニードに
「下層階級の兵隊なんかを相手に戦ってなんの得になるの?」と、夫の仕事にまで口を出すアデールさん、プライド高い彼女には、夫にはもっと華やかな仕事をしてもらいたいのでしょう(でも軍人だからね)
最終的にレオニードは
「いくじなし!」と罵られ、
殴りたい(おそらく)のをぐっと我慢。

あなたはこの私の夫ですのよ!
なんということかしら皇帝陛下の姪がこんな扱いを受けるなんて!

と捨て台詞満載のアデールさん。とどめの一言は自分が言わないと気が済まないタイプですね。

よく、殴らずに我慢しましたレオニード。。偉いよ。

アデールさん口達者説その④
夜中にご帰宅のアデールさんに
「夜明けまでぶっ通しでパーティーとはぺテルスブルクも平和になったものだな」とレオニード。これはレオニードの嫌味?なのか、普通の会話がこういう感じがよくわかりませんが。レオニードもなかなかの切れ味です。

しかし、アデールさんは1枚も2枚も上手です。
「これだから戦争しか能のない人は・・・
くだらないやきもちを焼いている間に
ご自分の妹のふしだらを心配なさったらどう?」

ううーーん。すごい。レオニードはただぺテルスブルクも平和になったと言っただけなのに・・・

妹のことを出され、たまらず、手が出そうになるレオニードに

「嘘だとお思いなら、お調べになることね尾行はお手のものでしょう!」
とまで言い放つのですから。。。。
とても私には思いつかない数々のセリフ(特にあっぱれな部分に強調をかけてみました)

もうレオニードは首飾りを引きちぎるのが精一杯なのです。
ほかの男から送られた首飾りをしててくれて良かったね。

よく、男性は口げんかでは女性には勝てないと言いますが、その典型だなーと思います。
やっぱり、男性はどこかで女性に手を挙げてはいけないと思っている人が多いので、黙って、ぐっと我慢するのですよ。ここで、女性はもうそれ以上の口撃はやめてあげねば・・・。どうしても話し合わなければならない案件なら、時間をおいてもう一度話し合えばいいじゃないか・・・と私は思う。

なぜなら、うちの夫は私の口撃で行き場を失くすと、手が出たり、物を壊すからね。DVと言ってしまえば簡単だけど。必要以上の口撃も立派なDVですものね。夫婦喧嘩で労力を使いたくない私は、どちらかと言うとレオニードのように、黙って、その場を立ち去る人間なのです。

レオニードに魅力を感じるのは、アデールさんの口撃にじっと耐えて我慢する姿に同情しているからもあるのかな?。

そんな、レオニードとアデールさんですが、元来、2人は悪くない組み合わせだと思います。アデールさんがもう少し謙虚な心を持っていれば。。。、レオニードの女性に対して気の利かない不器用さも理解してあげられれば、上手くいったのかな・・。レオニードはあきれたでくのぼうですから、気のきいたプレゼントを贈ったりできたのかな?うかつなイザークと違うところは、ほかの男から贈られた首飾りを見抜いたところ!です。

アデールさんがレオニードへの気持ちに気付いた時には、レオニードの心はユリウスにすっかり奪われてしまっていたのだから、皮肉なものですね。

|

« オルフェウスの窓 レオニード中毒症 その③ | トップページ | オルフェウスの窓  娘の名前は・・・ »

漫画・オルフェウスの窓」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
レオニードの大ファンです!!私もモスクワ蜂起の時レオ様がセミヨノフスキー連隊を率いて颯爽と戦うところ、大好きです。戦っているシーンが一番素敵ですね。それから、皇帝陛下退位の時のレオ様号泣シーンも好きです。
レオニードとアデール夫人、大好きなので、今回の記事はとても嬉しいです。レオユリの組み合わせが好きな方が多いと思いますが、私は数少ないレオアデ派(?)です。レオ様のユリウスへの愛も素敵なんですが、ユリウス相手だと男と女という感じにはならないですね・・・
好き勝手書いてしまいましたが、オル窓大好きなのでまた寄らせて頂きますね。

投稿: マキ | 2015年5月30日 (土) 09時25分

>マキさんはじめまして!コメントありがとうございます。
レオニードはお仕事してる時がカッコいいですね~。
レオニードとアデールさん、ラスプーチンを討つときの「感謝しているアデール」のシーンが大好きです。見目麗しく気高くてお似合いな2人。少しずつボタンを掛け違えたように夫婦間で溝ができてしまったけれど。ユリウスのことがなければ、ああいう時代でなければ、よりが戻ったのかな?と妄想したりします。
 アデールさんは別にコンスタンチンのことを好きでもなかったろうに・・。取り巻きの一人で居心地がよかったのか、レオニードへの当てつけだったのか。もっと早く素直になってれば・・。
 オル窓女性キャストではアデールさんの服のセンスが一番好きです(特にラスプーチン暗殺の時のドレスと朝帰りのパーティーの時)。
 まだまだ、オル窓病は持続してますので、なにかしらつぶやくと思います。またお寄りくださいね!
 

投稿: JEN | 2015年5月30日 (土) 23時12分

お返事ありがとうございます!
私もレオ様とアデールはよりを戻すのかなと思ってました。そもそもレオ様が仕事で疲れて帰って来た時、ちゃんとアデールさんがお出迎えしていれば(奥様らしく振舞っていれば)、レオ様はユリウスを好きになることはなかったでしょうね。ユリウスもレオ様を愛していたわけではないし。だからレオ様とアデールがよりを戻す展開も十分アリだと思いますが、池田理代子先生は円満な夫婦って描かれないですよね・・・。
私もレオ様とアデールは本来お似合いの夫婦だと思います。ミハイルとアントニーナなんかだと恋人にはなっても夫婦としては合わないと思うんですけど。
こちらの記事を読んでますますレオ様にはまってしまいました!

投稿: マキ | 2015年5月31日 (日) 19時01分

>マキさんこんばんは!
円満に長生きする夫婦はオル窓にはいないですね・・。
ラスプーチンにユリウスの存在を密告したアデールさんにレオニードが
「ユスーポフ家に何かがあったときはそなたを巻き込むつまりはない。離縁してコンスタンチンと一緒になるもよし・・・」と言ったときに
そりゃないよーーレオ様冷たいなぁ・・・(涙)と思いました。レオニードなりの気配りなんでしょうけど。彼はユスーポフ家第一の人ですねほんとに。
 また、首飾り引きちぎり事件の時に「ほかの男から贈られた」ことに気付いたレオニードにアデールさんはちょっと嬉しそうに見えたので・・
 もし、アデールさんが謙虚な奥様で仲の良い夫婦だったら・・・。
 ユリウスはレオニードよりヴェーラを頼るんじゃないかな?吹雪の時に駆け込むのはまず、ヴェーラの部屋になるのでは・・・となると、レオ様はユリウスが気になりながらも(いじめてたし)、「異国の少女を愛し」とまでは発展しなかったかもですね。
 あー、でもレオユリカップルも好きなんですよね。
 そうそう、以前、オル窓ファンに100の質問という企画に挑戦した時に私が恋人にしたいのは「ミハイル」でした。
恋人ならドキドキするけど、結婚したらヒヤヒヤしそうです。
 

投稿: JEN | 2015年6月 1日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/59897909

この記事へのトラックバック一覧です: オルフェウスの窓 レオニードとアデールさん:

« オルフェウスの窓 レオニード中毒症 その③ | トップページ | オルフェウスの窓  娘の名前は・・・ »