« オルフェウスの窓 フィギュアスケート選手とオル窓② | トップページ | 2015-16シーズン ペア 感想 »

2015年9月26日 (土)

久々に男子バレーをじっくり見た

バレーボールもちょいちょい見ます。でも、女子は見るけど、男子は・・・。
な年が続いてました。
ロンドン五輪後、監督になったゲーリー佐藤監督が1年であっけなく監督を降りられたのもなんか辛いものがありました(たった1年で交代なんて・・)。

今回の男子バレー、初戦は空席も目立ってましたね。
びっくりしたのはエジプトが格上で、世界ランキングが20位だということ。
4勝した時に「20年ぶりの4勝!」と実況

え?そんなに弱くなってたんだ・・・。

でも、今回はなんだろう、世界相手にけっこう見応えがありました。

これまでの日本男子の印象

①世界の高いブロック相手に「おれはパワーなら日本一なんだよ!と」力任せにスパイクしてシャットダウンされる
(不機嫌になり自滅)
②大事なところでサービスミス
(空気が悪くなる)
③なんとなく選手の目が死んだ魚のようで、投げやりな感じ 

でしたが、今回は

①高いブロックを利用して上手にリバウンドを取ったり、ブロックアウトを狙っていた
(今までは相手ブロックがアウトになると、単純に向こうのミスに見えた)
②サービスミスもあったが、同じくらいサービスエースも光っていた。
③どんなに逆境になっても、食らいついていこうという冷静さと闘志溢れる眼をしていた。
とくに柳田選手の眼は、闘志メラメラでしたね。ブロックを利用したプレーが光っていてクレバーな印象でした。

最後、ロシア戦はミハイロフが好きな私としては、ミハイロフが乗り切れてなかったのがちょっと残念でした。ミハイロフの不調もあったとはいえ、ロシア相手にフルセット。ずっとミハイロフが怖い顔をしていたので「ミハイロフの笑顔が見たい」と、ちょっとだけロシアを応援していた私は最後までヒヤヒヤしました(特に第5セット)。ムセルスキーの笑顔が可愛いかったなあ。ムセルスキーがイケメンと思うのは私だけかなあ・・・。

柳田選手、石川選手はいわゆるイケメンでいかにも人気でそうですが(実際どんどん観客が増えていった)、彼らがイケメンでなくても、彼らのプレーを見たら、お客さんが増えたことでしょう

今回、試合と並行してツイートをチェックしてておもしろかったのが。

ロシア、イケメンで検索すると
「ロシアの14番イケメン」 「ロシア、11番、14番、20番イケメン」とか
14番が一番人気っぽかった。
「ロシア男子、イケメンおらん」
「ロシア男子監督以外、イケメンばっかり」というつぶやきが見られ。

ポーランドだと
「ポーランドメンズ、モデルみたいなのばっかり。と思ったら監督が一番イケメン」というのに吹き出しました
確かにポーランドの選手たちはオシャレ系でイケメンでしたね。監督はおフランスムードぷんぷんなセクシーガイだし。

「結局、イケメンを見てるんじゃん」。。ということになりますが。

Sexy zoneの 長髪の男の子のカメラ目線が生理的に苦手なんです。。

このブログでバレー男子についてつぶやいてたのがちょうど、ロンドン五輪の最終予選で。あのとき、嫌だなーと思っていたことが今回どれも無くなっていたのですっきりしました。

やっぱり、バレーボールの監督はジャージ姿が良いです!
そして、もっと海外の選手も映してほしい!

|

« オルフェウスの窓 フィギュアスケート選手とオル窓② | トップページ | 2015-16シーズン ペア 感想 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/61780996

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に男子バレーをじっくり見た:

« オルフェウスの窓 フィギュアスケート選手とオル窓② | トップページ | 2015-16シーズン ペア 感想 »