« 久々に男子バレーをじっくり見た | トップページ | 2015-16 シーズン アイスダンス感想 »

2016年2月11日 (木)

2015-16シーズン ペア 感想

超久々のブログ更新

フィギュアスケートシーズン始まって初のブログUPになります。
決して熱が冷めてしまったわけではないのです。

まずはペア

●今シーズンのトップニュース サフチェンコ&マッソー チャンピオンシップデビュー

初戦のタリン杯でいきなりSP70点、FS140点超えというハイスコアで戦列デビューを飾りました。サフゾルが大好きだった私ですが、サフマソになってどうかなと思ってましたが、良い意味でスポーティで若さがあって好きです。

「ツイストリフト!!高!!」ですね。
シーズン初めはカメラから完全に出ていましたよ!
30年フィギュアスケート見てきて歴代no1の高さではなかろうか

アリョーナがしっかりしつけされてよく懐いている大型犬を散歩させているように見える
そしてその大型犬がお利口さんで可愛くて仕方がないといった感じに見える

とにかく、アリョーナが嬉しそうで良かったです!

しかし、フリーのソルベイグの不思議なアレンジが気になる。
やっぱり、ペアもプログラム作りって大事だと思いますよ!

●復帰した五輪チャンピオン ヴォロソジャル&トランコフ。 オフに結婚してまさに充実してる感じですね。
PCSはネームバリュー加点がある気がしますが。

ヴォロモロもムホトラも好きだったけど、ヴォロトラになるとなぜか自分的にイマイチになってしまったのは不思議

内縁の妻(タチアナ)が若い男(マキシム)に心が傾いていく様を近くで見ていたモロゾフ(スタニスラフ)はどんな想いだったのか。。 スタニスラフ・モロゾフさんを見るたびに、彼の心意気に10点満点をあげたくなります

FSはあんまり記憶に残らないけど、このSPは好きですね。
タチアナが すごく獰猛な珍獣(猛禽類?)を操る猛獣使いに見える

●昨シーズンは欧州選手権でまさかのスロージャンプ失敗し、世界選手権を欠場したストルボワ&クリモフ。今シーズン初戦のスケートアメリカで4位とまさかの台落ち。もうこのカップルはだめなのかと思ったのですが。グランプリファイナルで貫録の演技を見せて優勝してくれました。

このカップルの好きなところは、2人から色恋の雰囲気を全く感じないところ。
完全にビジネスパートナーというか。食うか、食われるか、しのぎを削り合って高め合ってるところかな。
演技終了後の2人はきつい試練を乗り越えてきた同士ならではの信頼感が溢れ出ています。

ストルボワの身体能力の高さにいつも惚れぼれします。
私はこのカップルが世界チャンピオンになるかな~と踏んでますがどうでしょうか。

●現世界チャンピオンのデュハメル&ラドフォード
今シーズン、ちょっと元気がないかな~というのが気になります。

4回転スロージャンプに、ソロのトリプルルッツ、ペアのレベルを一気に引き上げてくれた2人です。つなぎの部分でも無駄がなくて、カナダペア特有の清々しさを持っていますよね。

昨シーズンは上記3組が不在でしたけど、現世界チャンピオンとしての意地を見せて欲しいです。

 

●お気に入りペア その1 タラソワ&モロゾフ(ロシア)
次世代ロシアの1番手だと思ってます。
アシスタントコーチにロビン・ゾルコビーがついてるし応援するしかない!!

このフリーはピアノなのに、ヴァイオリンの衣装、指揮棒ふる振り付けなのが?ですけど
この2人の好きなところは「エレメンツの質が高くてすっきりしているところ」
すっきり感が個性がないと言われてしまいそうだけど、このすっきり感が個性なのよ
昨シーズンよりはプログラムも素敵よね

この2人はリアルカップルなのかな?慎ましやかなタラソワと思慮深そうなモロゾフ。若々しくて可愛らしくい、お似合いです。カップルだといいなあ~

●お気に入りペアその2
全米チャンピオンになった タラ・ケイン&ダニエル・オーシェイ

今年のスケアメで誰だ?この美人?と思ったのがきっかけです。
昨シーズン 腐るほど聞いた「オペラ座の怪人」のバラード部分のみ使用のフリーが逆人新鮮。しっとりした曲としとやかなタラちゃんの美貌がしっくりマッチ。

ダンスリフトてんこ盛りなのも好き。

タラちゃんといい、シメカさんといい、アメリカペア女子は体系的にバランスが良い。
小さすぎず大きすぎず、手足が長くて美しい。


●今後が気になるペア
ジュリアン・セガン&シェリル・ビロドー(カナダ)

スケアメでストクリをおさえて表彰台に乗った若いカップル
若さと勢いがあります。見ていて爽やかです。

とくにフリーの「青い影」が素敵と思ったら、マリーさんたち(デュプレイユ&ローゾン)振り付けなんですね。納得 !

女の子が剥きたてのゆで卵みたいにツルッツルなお肌です。

カナダぺア特有の爽やか路線後継者になれるか

●心に残ったペア

ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)

 

スケカナのエキシビションで初めて見ました オーストリアのペアって初めて見るなと。 見てみると、ロシア、北米、中国ペアにない その雰囲気がとても新鮮で 初めてアリョーナ&ロビンを見たときに吹いた風のような、新鮮な風が吹かれたといったところでしょうか。。

四大陸選手権はメーガン達の優勝は堅そうですね。
世界選手権はどうなるかなあ。。

ストクリがかっさらっていきそうな気もするし、
ストクリかヴォロトラか。なんだかんだでアリョーナ達が台乗りしそうな気もする。メーガン達が台落ちする気もしない。中国勢もいる。アメリカ勢も頑張っている

最終グループに入るのも大変そうな今シーズンのペア。
一つのミスが勝敗の行方を左右しそう
ネームバリュー加点はやめてね!

 

|

« 久々に男子バレーをじっくり見た | トップページ | 2015-16 シーズン アイスダンス感想 »

フィギュアスケート・TV観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364398/63897775

この記事へのトラックバック一覧です: 2015-16シーズン ペア 感想:

« 久々に男子バレーをじっくり見た | トップページ | 2015-16 シーズン アイスダンス感想 »